バンコクの旅行会社SP ORIENTAL TRAVELからタイの観光関連情報をご紹介。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
楽しい年越しを
 
 2010年の大晦日を迎えました。

 日本では天候が荒れているようですね、ご注意ください。

 タイも各地でカウントダウンが行われます。


タイ各地のカウントダウンをチェック!
「Amazing Countdown 2011」
http://www.amazingcountdown.com/all-event.php


 あの混乱の日々はなんだったのだろう。
 今は、平穏を取り戻し、無事に年を越すことができました。
 
 2011年はタイにとってどんな1年になるのか。
 見守ってまいりたいと思います。

 皆様も楽しく年越しをお過ごしくださいませ。
Posted by : SP Oriental Travel | タイ全土 | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
与党民主党、解党を免れる
  2010年11月29日、14:00より、タイ憲法裁判所にて、与党民主党に対する判決が言い渡された。
 2900万バーツの政党交付金に対する使途違反に対する判決であり、有罪の場合、解党、そして、アピシット首相などは参政権を5年失い、タイ政局のターニングポイントとして注目されていた。
 判決は、訴訟が妥当ではなかった(正しい法的な期間で申請されなかった)として、無罪に。
Posted by : SP Oriental Travel | タイ全土 | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
タイ水害状況:2010年11月2日時点

 タイ国内における水害の地域拡大は報道されていますが、バンコク都内に限りますと都心部ではほとんど水害の影響を受けていません。ただしチャオプラヤー川沿岸では増水のため砂袋が積まれたりしています。バンコク都の北方、ノンタブリー、パトムタニ、アユタヤでの水害が一部深刻となっております。
 
 2010年10月10日以降タイ東北部の低土地を中心に水害がおきましたが、一部、砂袋などの防水などにより、家屋などの修復に入っているエリアもあります。

 現時点では、タイ南部が暴風雨の圏に入っており、今週いっぱいは水害のおそれがあります。

 また、バンコク都ではチャオプラヤー川の水位が11月8日に再び上昇点になるため、その前後、注意が呼びかけられています。

 
 すでに、寒季に入った感があるタイ。
 バンコク都を中心とした短期滞在では、大きな問題はないと見られます。

Posted by : SP Oriental Travel | タイ全土 | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
水害に注意
 タイの東北部コラートでは引き続き、洪水エリアあり。軍なども支援に回っています。
 東
部、中央部に続き、今週後半からバンコク都でも注意が必要。
 海抜が低い、放水された水
がチャオプラヤー川からタイ湾へ流れ込む。
 バンコク市街地の排水能力が悪いエリアは、
水がたまる可能性あります。
Posted by : SP Oriental Travel | タイ全土 | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Moenpick Hotels & Resorts チェンマイ、サムイ、バンコクで新マネージメントへ
 
  Moenpick Hotels & Resortsが、は、プーケット以外でマネージメントを行うことに。

 2011年7月、the Movenpick Suriwongse Hotel Chiang Mai

 2011年9月、the Movenpick Resort & Spa Mae Nam Beach Koh Samui

 また バンコクのパヤタイ駅周辺に、the Movenpick Hotel & Residences Bangkok

 
Posted by : SP Oriental Travel | タイ全土 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
非常事態宣言管理下バンコク都および周辺県に限定
 2010年10月1日、タイ国内における非常事態宣言の対象エリアが縮小されました。
 今回の判断により、引き続き、継続されるエリアはバンコク都とその周辺県となっております。

 以下、在タイ日本国大使館のWEBからの転記
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/101001.htm
----------------------------------------------------

「非常事態宣言」の一部解除(2010年10月1日現在)

1.10月1日(金)、タイ政府は、バンコク都を含む7都県を対象として発令していた非常事態宣言について、その対象地域のうち3県(ウドンタニ県、コンケン県、ナコンラチャシーマー県)を解除し、以下の4都県に縮小した旨発表しました。

【非常事態宣言対象都県】

バンコク都、ノンタブリー県、サムットプラカーン県及びパトゥムタニー県

2.一方、非常事態宣言が継続発令中のバンコク都内で、7月25日(日)以降8件の爆弾事件が発生し、邦人被害は無いものの死者1名、負傷者14名が出ています。  このような情勢下、治安当局は、王族施設(王宮等)、官公庁、政府要人宅、公共交通施設及びデパート等を重点警戒箇所に指定し警備強化を実施しています。つきましては、対象都県に渡航される場合には、報道等から最新の治安情勢を入手し、不測の事態に巻き込まれないよう十分な注意を払ってください。

(問い合わせ先)

○在タイ日本国大使館領事部
  電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
  FAX :(66-2)207-8511
○緊急電話(休日、夜間(17:45〜08:30)のみ受付)
  電話:(66-81)846-8265/(66-81)809-6074
Posted by : SP Oriental Travel | タイ全土 | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
反独裁民主戦線(UDD)によるデモ集会の予定(9/18-9/19)
 軍事クーデター4年目の節目に、反政府集会の動きあり。
 バンコクおよびチェンマイのエリアに対して、
 在タイ日本国政府大使館が注意を呼びかけています。
 ご参考くださいませ。


===========================
反独裁民主戦線(UDD)によるデモ集会実施に関する注意喚起
(9月15日現在)

1.反独裁民主戦線(UDD)は、軍事クーデターから4年及びUDDデモ終結から4ヶ月を迎えることを受け、18日(土)〜19日(日)にかけてバンコク都内及びチェンマイにおいて、デモ集会等を以下のとおり予定しています。
(1)バンコク都内での動き
 ・19日(日)
 早朝から夕方に掛けて、UDDメンバーが、バンコク周辺からラチャダムヌン・ナイ通り(王宮前広場)に集結し、民主記念塔、ラチャプラソン交差点に向け、幾つかのグループに分かれながら、車両又は徒歩にてバンコク都内を行進、その後、ラチャプラソン交差点に再度集結し、周辺の建造物や手摺り等に「赤布」(UDDの象徴)を巻き付けた後に解散。
(2)バンコク都内からチェンマイ市内への動き
 ・18日(土)
 早朝から夕方に掛けて、UDDメンバーが、バンコク周辺からインペリアルデパートラートプラーオ店(チャトチャック地区の東側)前に集結し、車両約50台に分乗してチェンマイに向け出発(夕刻にチェンマイ到着)。
 ・19日(日)
 チェンマイ競技場でデモ集会を開始し、翌朝にデモ集会を終え解散。

2.バンコク都内は未だ非常事態宣言が継続発令中であり、上記のUDDのデモが予定されていること及びこれまでの爆弾事件に引き続き8日夜半には、都内3箇所で未遂なるも爆弾が設置されているのが発見されていることから、治安当局は公共施設等で警備体制を強化しております。また、既に非常事態宣言が解除されているチェンマイ県内並びにタイ北部でも、軍施設等へM79が打ち込まれ爆発する事件、小規模爆弾事件及び未遂事件が9月に入ってから数件発生しています。つきましては、タイに在住、渡航される方は、報道等から最新の治安情勢を入手し、不測の事態に巻き込まれないよう十分な注意を払ってください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511
○在チェンマイ日本国総領事館
 電話:(66-5)320-3367
FAX :(66-5)320-3373

Posted by : SP Oriental Travel | タイ全土 | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
料理研究家 海豪うるるさんによるタイレポート 「五感を幸せにするタイの魅力」
 
料理研究家 海豪うるるさんによるタイ・レポート 「五感を幸せにするタイの魅力」が、
朝日新聞西部本社版 2010.8.29付に掲載、
その後、ウェブサイトにて閲覧できます。

参考
http://www.agad.co.jp/thai/
Posted by : SP Oriental Travel | タイ全土 | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
タイガー・エアウェイズは2011年3月稼動予定

 
2010年8月02日、タイ国際航空(51%)とタイガー・エアウェイズ(49%)は、共同運営で格安航空会社タイ・タイガー・エアウェイズの設立を発表しましたが、現在のところ、事業開始は、来年2011年3月になるのではとの見通しです。


 

Posted by : SP Oriental Travel | タイ全土 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
チェンマイ県、チェンライ県、ウボンラチャタニ県 非常事態宣言から解除

 チェンマイ県、チェンライ県、ウボンラチャタニ県の3件が、2010年8月16日のタイ閣議により、非常事態宣言の適応から解除されました。
 
 バンコク都、ノンタブリー県、パトゥムタニ県、サムットプラカン県、ウドンタニ県、ナコンラチャシマ
県、コンケン県は、引き続き、非常事態宣言下となっております。



 追記

 在タイ日本国大使館からのお知らせも添えます。

---------------------------------------------------------

 「非常事態宣言」の一部解除 (2010年8月17日現在)

1.8月16日(月)、タイ政府は、バンコク都を含む10都県を対象として発令していた非常事態宣言について、その対象地域のうち3県(チェンマイ県、チェンライ県、ウボンラチャタニ県)を解除し、以下の7都県に縮小しました。

【非常事態宣言対象都県】

  バンコク都、ノンタブリー県、サムットプラカーン県、パトゥムタニー県、コンケン県、ウドンタニ県及びナコンラチャシーマー県

2.一方、非常事態宣言が継続発令中のバンコク都内で、7月25日(日)以降2件の爆弾事件が発生し、邦人被害は無いものの死者1名、負傷者11名が出ています。つきましては、対象都県に渡航される場合には、報道等から最新の治安情勢を入手し、不測の事態に巻き込まれないよう十分な注意を払ってください。

* * * * * * * *  * * * *  * * * 

在タイ日本国大使館領事部

 177 WITTHAYU ROAD, LUMPHINI, PATHUMWAN, BANGKOK. 10330

 TEL : 0-2207-8502, 0-2696-3002   FAX : 0-2207-8511

Posted by : SP Oriental Travel | タイ全土 | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
TOP